ビットコインフォーラム

12/03/2015
仮想通貨

強力な消費アプリケーションシーンに基づいており、「実験室主導」ではなく需要主導の研究開発である。 この点、国内の多くの人は分からないか、分からないふりをしているようです。穏健型資産管理方式:ファンドの投資、銀行の財テク商品の購入、ファンドの一括購入。 短期的なファンドの定期投資は運でお金を稼ぐもので、安定していないので、長期保有することでお金を稼ぐ確率が上がります 銀行財テク商品の種類が多く、多くの財テク商品は中長期を中心としており、短期的には儲かるかもしれないが、閉鎖期には取り出せない。消費が経済に貢献する割合が高くなればなるほど、消費者も良質な製品やサービスのために喜んで買い物をします。 ほとんどの新興業界の成長の歴史は、トーチが企業サービス(To B)型会社から消費者サービス)型会社に徐々に伝わる歴史である。メタはこの市場のユーザー優位性を新たな収入に変えることができる。 次に、2021年にTikTokの北米でのユーザー増加率は25%前後に鈍化し、温和な成長の軌道に入った Facebook + Instagramのユーザーは、ヘビーユーザーになった後でも、日本では、最も成功した科学技術会社の大部分は消費インターネット会社で、アメリカでも例外ではありません。 実際、MAGAが「経済を支配し、人間の知識をコントロールしている」と考えられているのは、主に消費者に様々な製品やサービスを提供しているからです。

しかし、ほとんどの場合、「速い会社」はスピードを落とすのが簡単で、「遅い会社」はスピードを上げるのが難しいです。 これは、なぜTo C業務からTo B業務への拡張が、逆方向の拡張よりも少し容易なのか、ある程度説明できるかもしれない。IBMがWatsonに再登録された時、Google(後にAlphabet)の広告業務は黄金期にあり、この黄金期はまだ終わっていない。 Watsonが初めて公開された2011年、IBMの営業収入はGoogleの2.82倍、純利益は後者の1.63倍だった。 2021年、つまりIBMが必死にWatson Healthの売却を求めた年には、その営業収入はAlphabetの27%に相当し、純利益は後者の6%にすぎなかった。楽天自体は直接商品を販売しておらず、在庫もありません。 純粋なプラットフォームモデルでは、粗利率のレベルはずっと高い。 2009年以来、楽天グループの総利益率はずっと70%で上下に変動し、最低66%、最高78%である。東京などの疫病が効果的に抑制されるにつれて、「車なしで作ることができ、車なしで売ることができる」状況が次第に緩和されることが予想される。 しかし、ハーバードビジネススクールのリチャード・パスカル教授の「21世紀、危機感がないことが最大の危機だ」という言葉を思い出させます。楽天は最大のモバイル電子商取引プラットフォームです。 2014年2月、日本市場の月間アクティブユーザー数トップ5のアプリのうち、携帯電話楽天、楽天Pay財布、Sleipnir携帯ブラウザがその3つを占めていた

2022年に入って、Amazon Videoのコンテンツ分野での攻撃態勢は増加している。その中には、米国NFLと締結した11年間の「木曜日の夜のラグビー」(Thursday Night Football)独占放送協議、9月に放送される「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのエピソード、そして多くのAmazon独占放送の大映画が含まれている。 現在、Amazon Videoはほぼ縮小版のNetflixで、後者と似た数、似たカテゴリーのコンテンツを提供することができます。ただし、コンテンツの質と影響力は後者よりはるかに低いです。YouTube広告ビジネスには2つの重要な成長推進力がある。1つ目は、それが「大画面」(OTT)シーンに深く浸透するにつれて、ケーブルテレビの市場シェアを侵食し、「大画面」の最も重要な広告プラットフォームになっていることである。 2つ目は、アルゴリズムを向上させ、より多くの形式の「ダイレクトレスポンス」(Direct Response)広告を出すことで、効果広告の精度をさらに向上させることです。 ちなみに、YouTubeでも「生放送帯商品」機能が発売されています。そして、同様に帯商品機能のインスタグラムを発売したよりも明らかに効果的です。厳密には、クラウドコンピューティング事業におけるGoogleの拡張効率も低くない。2008年には、2010年にストレージサービスを開始し、2012-13年にコンピューティングサービスを開始し、2016年以降は世界のパブリッククラウドIaaS & PaaS市場のトップ3に安定していると発表した。 対照的に、IBMは2013年から買収によってクラウドサービスに進出し、Oracleは2016年までパブリッククラウドサービスを提供し始めました。 反応速度が遅いため、この2つの伝統的なソフトウェア大手はクラウドコンピューティング市場でリードする機会を永久に失った。 中国でも同じことが言えます。アリババはクラウドコンピューティングのトレンドを最初に受け入れた会社で、次はテンセントです。 伝統的な情報科学技術会社の中で、華だけがタイムリーに反応した。広告はメタの中核業務であり、経営陣の考えはそれを電子商取引業者と組み合わせて、業者がより直接的にユーザーに接触し、取引を完了できるようにすることである。 明らかに、メタは電気商取引のクローズドループを完成させてから、電気商取引を通じて広告収入を刺激する必要があります。この如意そろばんは成功する可能性が低いです。価格が高く、環境保護と食品の品質を強調するWhole Foodsに対して、Amazon Freshは明らかに地味で、コミュニティスーパーに近い位置にあります。 どちらも徹底した自営業で、Amazonがサプライチェーンと物流体系全体を把握しています。 次に、Amazonの戦略はWhole Foodsでハイエンド市場、特に店への消費と大都市への即時配送サービスを主に攻撃することかもしれない; Amazon Freshはローエンド市場、特に中小都市や時効性の弱い配送サービスを中心としています。 国内のサービスと比較すると、前者は箱馬鮮生に似ており、後者は淘生達、京東生鮮に近い。

見てわかるように、LinkedInとBingという2つの消費者インターネット業務は、比較的気まずい状況にある。前者は垂直分野のリーダーであるが、横方向に拡張するスペースが限られており、戦略的意義が明らかではない。 後者には理論的には大きな市場空間があるが、Googleという強すぎる相手の重圧の下では、転覆の見込みはない。 長期的には、Microsoftはこれらと自身のTo B業務を結合して、「ゲーム+クラウドコンピューティング」のような相乗効果を生むことしか期待できません。希望はそれほど大きくありません。 むしろその中で最も規模の小さいSurfaceハードウェア事業であり、一定の戦略的潜在力を含んでいる。Google Cloudがずっと安定して利益を上げられず、Alphabetの「他の試み」もすべて失敗に終わったという最も悲観的な仮説を立てても、コア広告業務が健康を維持していれば、Alphabetは無限の資源を持って、未来にベットし続けることができる。4つの「サービスとしての機械学習」プラットフォームの機能比較小売業界からの強力な広告収入がなければ、Googleクラウドは経営できないかもしれません。 2021年末、Googleは世界第3位のパブリッククラウド・インフラストラクチャ(IaaS & PaaS)メーカーですが、市場シェアは9%しかありません。商湯も遊びも純粋なTo B社で、製品の応用範囲が狭く、営業収入が限られているため、いずれも赤字状態にある。 2021年、商湯の調整された純損失率は30.2%; 2021年度のデータはまだ公開されていないが、上半期の純損失率は138.8%に達した。 このような巨額の損失に対する投資家の意見は一致しておらず、「ハードテクノロジー会社」は早期にお金のおかげであるべきだと考える人もいれば、できるだけ早く損失を縮小し、収益ロードマップを提出したいと考える人もいる。 2021年までは、国内資本市場の人工知能企業に対するリスク許容度は比較的高く、2022年に入ってからは明らかな収縮が見られた。

BNEX(bnx)プロジェクト分析

米インタラクティブ広告局(IAB)の調査によると、コロナ禍の間、米国企業(特に中小企業)は広告予算をオンラインに移行するスピードを速めた。 疫病が徐々に緩和された後、オンライン広告支出の回復速度はオンライン広告より明らかに速い。ユーザーのプライバシー保護運動が進むにつれて、2020年から、主要ブラウザはサードパーティのCookieをデフォルトで無効にし始めました 市場シェア最大のGoogle Chromeは、2022年までに完全に無効になります。

短期契約取引所

Gartnerの2021年度「マジッククアドラント」の報告によると、Googleクラウドプラットフォームの総合力はAmazonとMicrosoftに大幅に遅れており、「市場リーダー」としての地位を維持することしかできない。 しかし、AI開発者にとって、見てわかるように、LinkedInとBingという2つの消費者インターネット業務は、比較的気まずい状況にある。前者は垂直分野のリーダーであるが、横方向に拡張するスペースが限られており、戦略的意義が明らかではない。 後者には理論的には大きな市場空間があるが、Googleという強すぎる相手の重圧の下では、転覆の見込みはない。 長期的には、Microsoftはこれらと自身のTo B業務を結合して、「ゲーム+クラウドコンピューティング」のような相乗効果を生むことしか期待できません。希望はそれほど大きくありません。 むしろその中で最も規模の小さいSurfaceハードウェア事業であり、一定の戦略的潜在力を含んでいる。

米科学技術大手の主流ビジネスモデル:2Cを中核とし、2Bおよび「ハードテクノロジー」に拡張Amazonの財務報告書は自身の事業を3つのプレートに分けている。北米事業は、約60%の収入に貢献しているが、基本的には微利状態にある( 国際業務は、25-30%の収入に貢献し、収益性はさらに弱く

ビットコインフォーラム

例えば、共同創業自動車がこのほど発表した4月の注文台数は3、084台で、主にコストパフォーマンスの高い共同創業Z03車種は、段階的に出荷され始めた。「機械学習はサービスとしての役割を果たす」(Machine Learning as a Service,MLaaS)))はクラウドコンピューティング分野の新たな方向性であり、各大公国際のクラウドプラットフォームを持つ兵家が必ず争う場所でもある。 フォーブス誌によると、2020年に世界のMLaaS市場規模は73億ドルに達し、2024年には306億ドルに増加すると予測されています。

短期契約関係

9:00am - 4:00pm短期投資

米谷取引所

保険の短期契約転換
09.12.2015

テクノロジー業界から目をそらし、より広い分野に目を向けても、結論は変わりません。——1.09兆ドルの市場価格のTeslaはハイエンド消費財(家庭用自動車)会社です 6000億ドルの市場価格のNvidiaは、

仮想通貨
短期契約の転換の影響
09.12.2015

長年の発展を経て、AWSはすでに一連のソフトウェアとハードウェアの開発能力を備えて、買収を通じてチップの設計能力も備えています。 Amazonの「ハードテクノロジー」の研究開発力はこれだけではなく、多くの地体が電子商取引業務に現れている。

取引所
株式会社取引所
09.12.2015

PC時代、Microsoftソフトウェア製品はほとんどの主要企業の顧客に深く影響し、その影響力はオペレーティングシステムのような「基礎層」だけでなく、オフィス、企業管理、アプリケーション開発、情報セキュリティなどの「アプリケーション層」にも現れている。 Azureを選択することは、Microsoftソフトウェアのエコシステム全体をクラウドにスムーズに移行することを意味します。 これは、ソフトウェアソリューションを再導入したくない、長い歴史を持つ中規模から大規模の企業にとって特に魅力的です。 Microsoftは、企業のお客様のソフトウェア製品への依存を、Azureクラウドサービスへの依存に変えることに成功しました。

取引所